シャッター修理・メンテナンスなら「日本シャッター協同組合」全国のシャッター専門店からお客様に最適な修理業者をご紹介します

神奈川のシャッター修理

神奈川のシャッター修理

神奈川でのシャッターの種類と故障について

日本で2番目に人口の多い神奈川県は、横浜を中心とした商業エリア、相模原などのベッドタウン、湘南や箱根などの観光地と様々な顔を持つ県と言えます。
商業エリアや観光地ではお店のシャッターや会社の倉庫や工場のシャッターなどがあります。お店のシャッターは小さめで軽量のものが多く、スラットの他パイプシャッターなどもよく見かけます。倉庫や工場は小さいものから大きなサイズまであり、またオーバースライダーやシートシャッターなどの種類もあります。大きいシャッターは電動タイプが多いと言えます。
住宅地では車庫のシャッターや窓用のシャッターがあります。手動タイプも電動タイプもあり、お住まいの方の好みで選ばれているようです。
シャッターのトラブルで最も多いのが「開かない」「閉まらない」です。お店のシャッターですと開かないと開店できませんので、すぐに修理が必要となります。手動シャッターが開閉できなくなる原因としては、スラットが歪んでいたり斜めに巻き上がったりという事があります。また経年劣化によるサビなどで重たくなり開閉が困難になる場合もあります。
電動シャッターはモーターの故障が最も多い原因です。モーターは使用頻度にもよりますが、概ね12~13年で寿命がきます。キーキーといった異音がしたり開閉の速度が遅くなったら注意が必要ですので、壊れる前に点検をした方が良いでしょう。

神奈川のシャッター修理専門業者

神奈川県には各シャッターメーカーの他にもシャッター修理専門業者がたくさんいます。修理を専門に行う業者は大手のメーカーと違い地元密着型で、値段も低価格で行える事があります。シャッターが壊れた、調子が悪いのでメンテナンスをしたい、新しくシャッターを設置したいなどのご要望がある場合は、ぜひ地元のシャッター修理専門業者にご相談下さい。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional