シャッター修理・メンテナンスなら「日本シャッター協同組合」全国のシャッター専門店からお客様に最適な修理業者をご紹介します

石川のシャッター修理

石川のシャッター修理

石川県のシャッターの種類

石川県は本州のほぼ中央に位置し、日本海に面しており、能登半島を能登地方、内陸部を加賀地方として大きく2つの地方からなる県です。太平洋ベルトに属する大都市などのいずれにも接しておらず、地理的に孤立しているため、北陸地方の県は基本的にどれも各種産業が比較的バランスよく発達しています。人口はおよそ117万人となっています。
最大の都市の金沢市を県庁所在地とし、市内には兼六園や金沢城、東茶屋街などが今も現存しており、城下町としての風情と文化を色濃く残しています。県内には輪島塗、九谷焼、加賀友禅など有名な伝統工芸が多数存在し、観光地としても有名です。2015年月に開通した北陸新幹線で交通の便も良くなったことで、これからさらに人気が上昇していくことでしょう。
さて、シャッターの種類には大まかに分けて2種類ありますが、手動式シャッターは手動で開閉を行うタイプのシャッターです。電動シャッターに比べて費用が安く済むというのがメリットですが、車庫などに利用している場合、シャッターの開閉時に一度車から降りなければいけないというのがデメリットです。また、使用されている素材によりシャッターの重さが変わるので、取り付ける前に素材をよく確認する必要があります。アルミ製などのシャッターの場合、重量は軽いですが鉄と比べて耐久度が劣ります。故障してくると開閉が固くなったり、開かなくなったり、異音やスラットに偏りが出てしまったりします。電動シャッターは、耐久度などはシャッターと変わりませんが開閉を自動で行うことができるので、力の弱い女性やお年寄りでも簡単にシャッターの開閉が可能です。また、車庫に利用した場合車の中からシャッターの開閉ができます。シャッター設置のコストは手動式のシャッターに比べて高めです。便利ですが電気で動くので、故障することもあります。

石川県のシャッター修理業者

ではシャッターが故障してしまった時、シャッター修理をしてくれるシャッター修理業社はご近所にあるでしょうか。シャッターは故障してから、シャッター修理に持って行こう、というのでは遅いです。開かなくなって困ったり、最悪の場合は怪我をすることもあるかもしれません。異音や重い、動作が不安定など、おかしいと感じることがあったら早めにシャッター修理業者に連絡しましょう。シャッターの修理は大掛かりで時間がかかって、お金も安く済まないというイメージが有るかもしれませんが、実際はそうでもありません。シャッター協同組合では、地元の担当者が迅速にお伺い、無料お見積りし、リーズナブルな料金でご対応いたします。シャッター修理業社が来る前に、ご自分でシャッター修理をしようとされる方が多くいらっしゃいますが、故障したシャッターは想像以上に危険です。ぜひシャッター協同組合にお電話ください。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional