シャッター修理・メンテナンスなら「日本シャッター協同組合」全国のシャッター専門店からお客様に最適な修理業者をご紹介します

東京のシャッター修理/町田市のシャッター修理

HOME > 東京のシャッター修理 > 町田市のシャッター修理

町田市のシャッター修理

東京都町田市のシャッターの種類特徴

 東京都町田市は多摩川以南に位置する商業都市で、人口は東京都内では東京23区・八王子市に次いで3番目(市町村では2番目)に多くなっています。その経緯としては、町田市内には旧鎌倉街道沿いの旧宿場町や一部地域を除き、未開発の土地が多く残されていたこと、また小田急などによる都心他へのアクセスの良さも注目され、1960年代の団地開発を発端として、ベッドタウンとして急速に開発が進みました。現在でも丘陵や斜面を宅地造成した一戸建て住宅の建売(駅至近では中高層マンション)などによる開発が盛んでいます。1980年代からは、薬師台などに見られるように、大手デベロッパーを中心とする景観を重視した計画的な宅地開発が行われ、21世紀には、景観法と町田市景観条例に基づき、市民、事業者、行政の協力による景観づくりが重視されてきました。
上記のように、一戸建て住宅の多い町田市には、住宅の窓のシャッターや車庫のシャッターが多くあります。シャッターには様々な種類がありますが、まずは3種類のシャッターをご紹介します。軽量シャッターはいわゆる手動シャッターで、両手で上げ降ろしするシャッターで、シャフトに装着されているスプリングの力を利用し、数十キロあるシャッターを両手で軽く開閉させることが可能になっています。電動シャッターは、モーターを利用して開閉させるシャッターで、開閉機の操作は壁に設置された押しボタンスイッチやリモコン装置で行います。オーバードアは工場、倉庫、ガレージなどに多く使用され、天井内にドアーパネルをスライドさせて納めるタイプです。また、メーカーには文化シャッター、三和シャッター、LIXIL(リクシル)、鈴木シャッター、東洋シャッターなどがあります。

町田市のシャッター修理業者

典型的なシャッターの故障の事例をいくつかご紹介します。シャッターを動かしたら落下した、シャッターが天井の中に入ってしまった、シャッターが降りない。シャッターが斜めになってしまった、などです。その他、異音がしたり、重い、固いなどの症状もあります。不具合のあるシャッターの下をくぐることは想像以上に危険です。また、素人による応急処置は難しい場合が多いです。早急にシャッター修理業者を手配することをお勧めします。
シャッター協同組合ではこうした様々なシャッターの故障や不具合の修理のご依頼に、地元に密着した経験豊富なシャッター修理専門業者がスピーディーな対応でお応えします。お見積りは無料で、リーズナブルなお値段で誠心誠意対応させていただいております。またお取替えや新規お取付えのご相談もお受けします。お電話をお待ちしております。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional