シャッター修理・メンテナンスなら「日本シャッター協同組合」全国のシャッター専門店からお客様に最適な修理業者をご紹介します

東京のシャッター修理

東京のシャッター修理

東京のシャッターの種類特徴

シャッターには大まかにいって4つの種類があります。シャフトに装着されているスプリングの力を利用して、両手で軽く開閉することが出来る軽量シャッター。モーターを利用して開閉する重量電動シャッター。このタイプは開閉機の操作は壁に設置された押しボタン式のスイッチや手元のリモコンによって行います。そしてモーターとスプリングの併用により上げ下ろしする軽量電動シャッター。重量電動シャッターと異なり、スプリングを併用するので、出力の小さいモーターを利用することが出来ます。また電動と手動の切り替えができることが多く、手動の軽量シャッターとして利用することが出来ます。最後に、工場や倉庫などに多く使用されるオーバードア。天井内にドアーパネルをスライドさせて治めるシャッターです。ドアーパネルには金属製や樹脂製などいろんな素材があります。

東京のシャッター修理業者

東京は言わずと知れた大都市ですので、特に東京23区には多数の修理業者が存在します。
文化シャッター、三和シャッター、LIXIL(リクシル)、鈴木シャッター、東洋シャッターなどのシャッター製造会社も修理を行っていますし、修理を専門にしている業者もあります。修理専門の業者の場合はメーカーよりも価格が安い傾向にあります。ですが、ハウスメーカー製の家庭用窓シャッターを修理するのは、部品の調達などが難しい場合が多く、修理専門業者では対応が難しい場合もあります。東京のシャッター修理の価格相場ですが、シャッターの修理はメーカーが行う場合は下請け業者に依頼する事になるので、その分料金がかさみます。故障の状況やシャッターの種類で違いはありますが、手動シャッター修理相場は一般的に2万~、電動シャッターでモーターの交換などになると10万~の高額になることが多いようです。

地域ページ

町田市のシャッター修理

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional