シャッター修理・メンテナンスなら「日本シャッター協同組合」全国のシャッター専門店からお客様に最適な修理業者をご紹介します

北海道のシャッター修理

北海道のシャッター修理

北海道でのシャッターのトラブルとメンテナンス

大自然に恵まれた北海道は日本でも人気の観光地であり、さらには海外からも多くの観光客が訪れています。
札幌市や小樽市、函館市などの都市部では店舗やガレージでよくシャッターを見かけます。シャッターは防犯面で大きな役割を担っています。ガラス張りのドアとシャッターがついているドアでは泥棒に狙われるのはガラス張りの方でしょう。車庫の場合は車に傷をつけられる事を防げるでしょう。また雨や風から入口や車を守ってくれるのもシャッターの役目のひとつです。このようにシャッターは優れた防犯性を持っていると言えます。
ただしシャッターは何の手入れもなく使い続けていると、使用年数が増えるにつれ不具合が出てきます。手動のシャッターであれば年々開閉が重たくなり、ストレスを感じる方もいらっしゃるでしょう。電動のシャッターではギーギーと音がしたり開閉の速度が遅くなるなどの異変が出てきます。定期的に油をさしてあげるなどご自身でできることもありますが、できれば年に1回はシャッター専門業者に点検をしてもらうと良いでしょう。突然シャッターが開かなくなり焦って修理業者を探すより、壊れる前に手を打つ方が安心ですし、修理費用も安くなる可能性があります。何より定期的に修理業者と顔を合わせることによりお互いの信頼関係も築けますし、手入れをすることによってシャッターを長く使い続けることができるでしょう。

北海道でシャッターを新規に設置するには

お店の出入口にシャッターを設置したい、ガレージにシャッターをつけたいなどのご希望があるかたは、ぜひ一度シャッター協同組合へご連絡下さい。お店や住宅の雰囲気に合わせたシャッターや、電動・手動など、お客様のご希望にそったシャッターのご提案をさせていただきます。地元北海道のシャッター専門業者がご相談にうかがいますので、お気軽にご相談下さい。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional