シャッター修理・メンテナンスなら「日本シャッター協同組合」全国のシャッター専門店からお客様に最適な修理業者をご紹介します

よくある質問

よくある質問

HOME > よくある質問

よくあるシャッタートラブルの質問

シャッターの故障…!?
その前に、よくあるシャッターのトラブル・修理の疑問を集めました。
故障かな…?とご連絡いただく前に、まずはご確認ください。

お見積り・修理費用についての質問

Q修理の見積りだけ頼んでもよいでしょうか?
Aもちろんお見積だけでも結構です。シャッターの修理に関することでしたら案件に寄らず現地調査を基に適切なお見積書を無料で差し上げます。
もしご提案内容にご満足いただけない場合はその場で断っていただいて構いませんのでお気軽にご相談下さい。

修理全般・メンテナンスについての質問

Qシャッターのメーカーがわからないのですが、修理して頂けますか?
A多種多様なシャッターを修理、取り付けしておりますので、どのメーカーのものでも可能です。
部品に関しましても、各種メーカー取り扱いしております。メーカーや品番などがわからなくても、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。
Qシャッターの故障箇所を伝えたいのですが、各部の名称がわかりません。
A下記をご参考下さい。
   画像の説明
        ・スラット シャッターカーテンを構成する鋼鉄の部材
        ・ガイドレール スラットを開閉するための左右の溝
        ・シャッターケース スラットの巻き取り部分を被う素材
        ・巻き取りシャフト スラットを巻き取る軸
        ・中柱 複数のシャッターを開閉するとき取り外しのできるガイドレール
        ・水切り(座板) スラットの最下部に取り付けられる部材

Qシャッターから異音がするようなのですが。
Aシャッターから聞こえてくる異音は故障のサインです。
シャッター(スラット)がレールに擦れて発生するキーキーという音の場合は、さび止め潤滑油をシャッターを閉めた状態でレールとスラットの間部分にスプレーすることで解決する場合が多いです。 シャッターボックスの中でドンドンという様な音がする場合は要注意で、シャッターの巻き込み等の危険性があります。
Qシャッターが下がらなく(上がらなく)なりました。
A下記のような原因が考えられます。
・ガイドレールとブラケットの境目に引っかかってシャッターが下がらない場合
・ケースの中でスラットが弛んでしまってスラットが降りてこない場合
・電動シャッターの安全装置やリミッターが働いている場合
シャッターの状態によっては危険を伴うこともあるので、少しでも不安を感じましたら、お気軽にご相談下さい。
Qシャッターの開閉が重たいのですが、軽くすることはできませんでしょうか?
A手動式の場合、巻き取りシャフトが傷んでいない場合は、調整で軽くはなります。しかし、老朽化やサビで傷んでいる場合は、取替えが必要になります。
Q手動シャッターをそのまま電動シャッターできますか?
A現在使用の手動シャッターを電動にすることは可能です。
ただ、一部のシャッターは収まりの関係で難しい場合もございます。
現場調査は無料ですのでお気軽にご相談下さい。
Qシャッターの寿命はどれくらいですか?
A使い方や製品にもよりますが大まかに、手動シャッターで10年程度、電動シャッターで20年程度といわれています。
Qシャッターの手入れの仕方を教えて下さい。
Aスチールシャッターの場合、頻繁に水洗いをしているとかえって錆びて寿命を縮めてしまうことになります。 乾いた布かよく絞った雑巾で拭いてください。ステンレス製やアルミ製のシャッターの場合は水をかけて洗っても問題ありません。 また、1年に1度程度、オイルアップを行うことでシャッターに関するトラブルは格段に少なくなります。
Qローラー部分が錆びついてしまって スムーズに開かなくなりました。
Aローラーが錆びついた状態で長期間使用し続けると、部品の消耗や取っ手部分の破損など、より大きな故障に繋がる恐れがありますので、お早めに修理されることをおすすめいたします。簡単なメンテナンスですぐに直る場合がほとんどですので、費用は比較的安く済むケースです。
Q開閉するときの音がうるさくて、 近所迷惑では?と心配です。何とかなりませんか?
Aシャッター開閉時に大きな音が発生するのには、様々な要因があります。最も多いのはフレーム部分のサビつきやゆがみ、老朽化が主な原因となりますが、このケースの場合は、部品交換の可能性が低いので、費用的には比較的安く修理することが可能です。ただ、モーターや巻取り部分から音が発生している場合は、場合によっては安全性を考慮して部品交換をおすすめする場合もございます。
Q重機をぶつけて凹ませてしまいました。 何とかなりますか?
Aこちらのケースでは、シャッターの損傷の具合によって大きく料金が異なります。車の板金修理のように、叩きだして凹んだ部分を調整できる場合もありますが、シャッター全体を交換する必要がある場合は相当の費用が見込まれます。ご連絡頂いた際に、損傷の具合をお伝え頂ければ、おおよその費用や作業の流れをご説明いたしますので、お気軽にご相談下さい。また、ヘコみのあるシャッターを無理矢理閉めようとすると、損傷を大きくしかねない上に、ケガや事故の原因ともなります。お急ぎの際はお電話にてご連絡ただければ、近隣の業社を迅速に手配いたしますので、まずは当組合までご連絡下さい。
Q開店直前になってシャッターが開かない…。 急いで何とかして欲しい!
A無理に開こうとすると、より大きな損傷や、場合によっては事故やケガの原因になる場合もございますので、まずは当組合までお電話でご連絡下さい。その場で施工業者の手配が可能かどうかをご案内いたします。近隣に当組合と提携している施工業者が見つかった場合は即座に連絡し、現場に向かうまでのお時間などをご連絡いたします。
※離島など一部地域では、修理業者の手配ができない場合がございますので予めご了承下さい。
Qお店に行ったら一面に落書きが…(泣) とにかく何とかして欲しい!!
A落書きはもちろんのこと、老朽化による錆などで見た目が悪くなってしまった場合でも、塗替えることによって綺麗な状態に戻すことが可能です。また、定期的なメンテナンスなどもご依頼頂ければ対応いたしますのでお気軽にご相談下さい。

ページのトップへ戻る

対応エリア・施工期間についての質問

Q工事の期間はどれくらいかかりますか?
Aシャッターの故障状態とご希望の修理内容によって変わってきます。
目安として、大きな部品交換を必要としないものでしたら現場到着から2時間から3時間程度とお考え下さい。シャッターの全交換などはシャッターの在庫状況にも依りますので個別にお問い合わせ下さい。
Q離島に住んでいるのですが、対応していただくことは可能でしょうか?
A基本的に全国に拠点および施工協力店を設けてはおりますが、一部離島、地域におきましては対応エリア外とさせて頂いております。ただし、弊社の対応エリア外の地域は同条件(見積無料・当社基準料金)で施工を行う施工協力店をご紹介させていただくことが可能な場合もございます。詳しい対応エリアについてはコールセンターまでご相談ください。
Q即日対応は可能でしょうか?
A9:00から18:00の間であれば即日可能でございます。上記時間外でも可能な限り対応させていただきます。電話受付は365日行なっておりますので、お気軽に03-4570-0516までお電話にてご相談ください。
ただし、台風や暴風雨等の影響で一部地域に案件が集中し、弊社では対応出来ない状況におきましては、弊社と同条件(見積り無料・当社基準料金)で施工を行う施工協力店をご紹介させていただくことがございます。ご承知おきください。

ページのトップへ戻る



全メーカー対応いたします!まずはご連絡下さい。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional